G-B8ZBWWKGWV
PR

化学産業

化学産業の話題

分子レジスト(分子ガラスレジスト)とは? LERを改善させる新しいフォトレジスト

半導体の微細化に伴い、フォトレジスト材料への要求水準が高くなっています。一般的なフォトレジストはマトリックスとして高分子化合物を使用していますが、フォトレジストの性能を改善するために低分子化合物をマトリックスとする分子レジスト(分子ガラスレ...
化学産業の話題

ネガ型フォトレジストの種類と開発の歴史をわかりやすく説明

フォトレジストにはポジ型フォトレジストとネガ型フォトレジストの2種類があります。両タイプのレジストは用途・使用箇所により使い分けられます。この記事では、ネガ型フォトレジストとは何か、ネガ型フォトレジストリソグラフィーの仕組み、ネガ型フォトレ...
化学産業の話題

生分解性プラスチックとは? 主な生分解性プラスチックと製造メーカーを紹介

生分解性プラスチックは、微生物の酵素の働きや加水分解により化学結合が切断され、CO2と水にまで分解されるプラスチックです。この記事では、生分解性プラスチックの原料や製法、主な生分解性プラスチックの種類と生分解性レベルの違い、生分解性プラスチ...
化学産業の話題

バイオマスプラスチックとは? 主なバイオマスプラスチックと製造メーカーを紹介

バイオマスプラスチックは再生可能資源を原料としたプラスチックです。この記事では、バイオマスプラスチックの原料や製法、主なバイオマスプラスチックの種類、バイオマスプラスチックの製造メーカーを紹介します。 バイオマスプラスチックとは? バイオマ...
化学産業の話題

バイオマスプラスチックと生分解性プラスチックの違い|どちらもバイオプラスチックだが全く違う

「バイオマスプラスチック」と「生分解性プラスチック」の違いについて説明します。このふたつはどちらもあわせて「バイオプラスチック」と呼ばれます。自然に優しいプラスチックという観点ではバイオマスプラスチックと生分解性プラスチックは同じですが、そ...
化学産業の話題

化学増幅型フォトレジストについて化学的に説明|KrFレジスト、ArFレジスト

化学増幅型レジストは、1個の光量子の感光反応で生成した水素イオンが連鎖的に複数の反応を起こして感度を大幅に向上させるレジストです。化学増幅型レジストの代表例として、KrFレジストとArFレジストの化学構造や光照射による反応についてわかりやす...
化学産業の話題

g線、i線フォトレジストについて化学的に説明

g線(436 nm)、i線(365nm)のフォトレジストは、ノボラック樹脂、感光材、添加剤、溶媒の混合物です。これら構成成分について化学的に説明します。 g線、i線フォトレジストとは? フォトレジストは半導体製造のリソグラフィーにおいてパタ...
化学産業の話題

半導体フォトレジスト材料開発の歴史をわかりやすく説明

半導体材料のひとつであるフォトレジストについて、半導体製造プロセスの中でどのように使用されるのか、フォトレジストとはどのような化合物でどのような働きをするのか、わかりやすく説明します。 フォトレジストは光が照射された部分とされなかった部分で...
化学産業の話題

歯磨き粉のフッ素が虫歯を予防する仕組みをわかりやすく説明

日本では90%以上の歯磨き粉に「フッ素」が入っています。 ねこ どうして「フッ素」が入っているの? どんな「フッ素」が入っているの? けむさん わかりやすく説明します。 自然界のフッ素 フッ素は電気陰性度と反応性が非常に高いため、自然界では...
化学産業の話題

医薬品の約20%はフッ素化合物|フッ素の特異的な性質を活用

自然界には塩素や臭素を含む有機化合物は多く見つかっていますが、フッ素を含む有機化合物は10種類程度しか見つかっていません。一方、医薬品にはフッ素化合物が多く、医薬品のうち20%程度がフッ素化合物です。 なぜフッ素化合物がこれほど利用されてい...