G-B8ZBWWKGWV
PR

化学メーカーの仕事内容

化学メーカーの仕事内容

化学メーカーにおけるカーボンフットプリント(CFP)の取り組みと算出範囲

化学は鉄鋼に次いで2番目に多くのCO2を排出している産業部門です。化学産業は製造時にCO2を多量に排出する産業のため、カーボンニュートラルへの大きな貢献が求められています。 最近、化学メーカーが製造する製品について、カーボンフットプリント(...
化学メーカーの仕事内容

化学工場での静電気火災の事故事例と防止方法

静電気は身近な現象ですが、危険物を取り扱う化学工場では、静電気は火災の原因になる危険な現象です。消防白書によると、化学工場の火災の原因で最も多いのは静電気です。この記事では、なぜ静電気が発生するのか、どんな時に事故が起こるのか、静電気火災を...
化学メーカーの仕事内容

PFASの化学式・特徴・用途・ヒトへの影響|日本と世界のPFAS規制

PFASは撥水性かつ撥油性という特徴があり、身近な製品に広く使用されてきました。しかしPFASは環境中に放出されるとほとんど分解されず、動植物の体内に取り込まれ、ヒトや動植物に悪影響を及ぼすことがわかってきました。 この記事では、PFASの...
化学メーカーの仕事内容

わかりやすい安衛法(化学物質関係)の概要と、化学メーカーによる安衛法への対応

「労働安全衛生法」(労安法)とは、労働者の健康・安全の確保や快適な職場環境形成の促進を目的する法律です。 この記事では労安法中の化学物質管理に関する部分を説明し、化学メーカーで実施している労安法への対応を紹介します。 安衛法中の化学物質管理...
化学メーカーの仕事内容

化審法に非該当の化学物質と、化審法の届出が免除される場合

学問上の化学物質の定義と化審法上の化学物質の定義は異なります。化審法に適切に対応するために、化審法に非該当の化学物質を説明します。また、化審法の届出が免除される場合も説明します。 化審法上の化学物質と他の法令との関係 化審法上の化学物質と他...
化学メーカーの仕事内容

わかりやすい化審法の概要と、化学メーカーによる化審法への対応

化学メーカーで仕事をするうえでは化審法をよく理解しなければなりません。化学物質を上市する際に必ず化審法への対応をするためです。しかし、初めての方にとって化審法はわかりにくいと感じる人も多いと思います。この記事では、わかりやすい化審法の概要と...
化学メーカーの仕事内容

世界の化学物質管理関連法と、化学メーカーによる化学物質管理法への対応

化学物質を適切に管理するため、国際的な条約等をもとに日本を含む世界各国で化学物質管理に関連する法律が施行されています。化学物質を使用・製造・販売する際は、各国の化学物質管理関連法へ適切に対応する必要があります。化学メーカーで仕事をするうえで...
化学メーカーの仕事内容

だれでもわかる化学工場の製造プロセス|有機化学品のバッチ生産と連続生産

化学工場で製品を製造する方法には、バッチ生産と連続生産の2種類があります。バッチ生産と連続生産の製造プロセスを説明します。 バッチ生産と連続生産の違い どちらの方法も原料を反応させた後で精製することは同じですが、工程の移り替え方に違いがあり...
化学メーカーの仕事内容

化学メーカーの品質管理方法|原料変更(4M変更)の手順と難しさ

この記事では、化学メーカーの原料変更(4M変更)、同じ化合物でも同じ品質とは限らない理由、原料変更の理由、原料変更の手順、原料変更の難しさを紹介しました。