G-B8ZBWWKGWV
PR

【2024年】東洋合成の将来性 企業分析・株価予想

東洋合成 銘柄分析・企業分析
スポンサーリンク

東洋合成の売り上げの約60%は半導体材料の原料のため、半導体業界の成長の恩恵を受ける企業です。東洋合成は半導体材料のフォトレジストの原料で、世界シェア7割でNo.1のメーカーです。株価予想としては計算上の平均値11,446円です(記事更新時点で)。


半導体Jobエージェントは、半導体業界に特化したプロのエージェントがサポートする
半導体業界専門の転職・就職支援サービスです。
半導体業界では工場や人材への投資が活発化し、年収は高水準
登録・利用は完全無料! まずは登録する >> 半導体Jobエージェント


東洋合成の企業データ

東洋合成工業の創業は1954年、医薬品用化学製品の製造・精製からはじまりました。

1960年代、輸入品に代わって多量に製造されるようになった石油化学品を原料とし、それを化学変化させて塗料原料、農業原料、合成樹脂添加剤を合成する技術開発を進め、様々な化学反応技術を取得ました。

1970年代、日本の産業は急速に電子デバイス産業へとシフトをはじめました。電子製品に含まれる半導体製造に欠かせないフォトレジストは感光性の樹脂を溶剤で溶かした溶液です。東洋合成は、この感光材の研究開発に取り組み、感光剤では世界シェア7割でNo.1になりました。

売上高3,415億円
営業利益497億円
営業利益率14.5%
ROE21.4%
自己資本比率37.1%
従業員数889人
平均年齢36.4歳
平均年間給与694万円
(出典:四季報 2023年度実績)

東洋合成の事業分野

東洋合成は売上の約60%が感光材事業、約40%が化成品事業です。

  • 感光材事業:半導体用感光剤で世界シェア7割でNo.1です。
  • 化成品事業:電子材料分野や香料材料分野向けの高純度な、アルコール、アルデヒド、カルボン酸、ケトン、エステル、エーテル類が主な製品です。
東洋合成の部門別売上高
(出典:東洋合成 株主通信2023

感光材とは、半導体製造に使用するフォトレジストの構成成分です。半導体の微細構造を作成するために使用されるフォトレジストは、感光剤+樹脂+高純度溶媒+添加剤の混合物です。東洋合成では感光剤、樹脂、高純度溶媒を製造しています。

東洋合成の感光材と半導体の関係

東洋合成の特徴・強み

感光材シェアNo.1

半導体材料は品質管理が厳しいことで有名です。東洋合成は多くのフォトレジストメーカーを顧客に持ち、性能と品質が信頼されています。

競合相手が少ない

感光剤は合成や品質管理に高い技術を求められます。その結果、参入障壁があり競合相手が少ないです。主な競合はダイトーケミックスです。

半導体の成長とともに成長

東洋合成は半導体に欠かせない材料を供給する化学メーカーであり、半導体の成長とともに成長します。

東洋合成の業績推移・将来性

東洋合成は2009年のリーマンショックだけでなく、何回か赤字を経験しています。しかし2010年代後半以降は業績が安定し、さらに営業利益率が右肩上がりで成長しています。東洋合成の売り上げの約60%は半導体材料の原料のため、半導体業界の成長の恩恵を受けています。

東洋合成の業績推移
(出典:IR BANKより著者作成)
売上高営業利益営業利益率当期純利益ROE自己資本比率株主資本1株配当
2008年度15,0004743%1592%31%8,320
2009年度12,200-673-6%-96429%7,230
2010年度12,400-1,050-8%-1,35026%5,880
2011年度14,8009767%4217%28%6,2303
2012年度14,0006415%3856%25%6,5706
2013年度14,1002722%431%22%6,5606
2014年度14,900-444-3%-67320%5,860
2015年度16,9005073%5408%23%6,47012
2016年度17,9009665%4687%24%6,80010
2017年度18,2005273%2333%25%6,96010
2018年度20,5001,3006%86311%26%7,74010
2019年度23,0001,5607%1,17013%24%8,83010
2020年度24,5002,1809%1,85018%27%10,60020
2021年度27,2002,94011%2,35018%29%12,80020
2022年度33,1004,62014%3,46022%34%16,00030
2023年度34,2004,97015%3,83019%38%19,60040
(出典:IR BANKより著者作成)

東洋合成の株価予想

東洋合成の過去5年のPERレンジは、最小値7.7、平均値34.8、最大値91.3でした。EPS(1年後アナリスト予想)は328.9円です。

株価 = PER x EPS

PER:株価収益率、EPS:一株当たり当期純利益

上記の関係式から、株価予想は、最小値2,533円、平均値11,446円、最大値30,028円です(記事更新時点で)。


半導体Jobエージェントは、半導体業界に特化したプロのエージェントがサポートする
半導体業界専門の転職・就職支援サービスです。
半導体業界では工場や人材への投資が活発化し、年収は高水準
登録・利用は完全無料! まずは登録する >> 半導体Jobエージェント


コメント

タイトルとURLをコピーしました